The TOEIC Test



TOEICテストの形式・・・

TOEICテストは2時間で200問に答えるマークシート方式のテストです。
3~4つの回答群の中から正解を選びます。
TOEICテスト結果は合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。テストはすべて英文で構成されています。
問題の説明もすべて英文です。英文和訳・和文英訳といった設問はありません。

試験終了後、問題用紙は回収されます。また試験中に問題用紙への書き込み(アンダーラインやチェックも含めて)は禁止されています。違反した場合は「採点されない」、「退場」などの厳しい罰則が設けられていますので注意しましょう。

 


点数による評価・・・

今や外資系企業への就職・転職にTOEICスコアは必須の時代。さらに日本企業でも、採用や昇進に一定のTOIECスコアを要求するようになってきています。ですが、実際に海外やビジネスで使えるTOEICスコアは一体どのくらいなのでしょうか?

TOEICスコア 参考スコア 実際の能力 他テストとの比較
990点   ネイティブと間違われる!?  
      国連英検特A級
940点 教養のあるネイティブの平均   英検1級
900点 韓国LG・新入社員平均 日常会話や業務が英語でこなせる 国連英検A級
      英検準1級
800点 韓国HYUNDAI新入社員足きり点数
日立製作所・幹部の期待値
日常会話や海外でトラブルにも対処できる
 
790点 外資系求人サイトでの応募資格としてTOEICスコアを必要とする企業の平均  
700点 伊藤忠・大卒入社 仕事や海外で最低限のコミュニケーションがとれる
国連英検B級
650点 国際ビジネスコミュニケーション協会(TOEICを運営)会長スコア   英検2級
600点 日本IBM・課長相当職の条件 海外旅行で買い物ができ、食べたいものをオーダーできる
 
500点 企業が新卒者に求めるスコア  
450点 日本の大卒新入社員平均(海外経験なし) 英検準2級
    海外旅行で英語の標識が読める  
300点以下 英語が苦手だった大卒者 英語でのコミュニケーションはかなり難しい(はっきり言うと、不可能?) 英検5級(中学初級程度・・・

TOEICは点数によって以下の評価ガイドラインが設定されています。
以下が評価ガイドラインです

■860点以上(ランクA)
Non-Nativeとして充分なコミュニケーションができる

■730点以上(ランクB)
どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている

■470点以上(ランクC)
日常生活のニーズを充足し限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる

■220点以上(ランクD)
通常会話で最低限のコミュニケーションができる

■220点未満(ランクE)
コミュニケーションができるまでに至っていない

 

ECC外語学院ホームページ

◆top page ◆テストの形式 ◆テスト得点UPポイント ◆テストの内容と対策 ◆得点別学習方法のすすめ